ホームインスペクションの専門家。中古住宅、耐震、住宅検査はi-sumu設計(アイスム設計)|埼玉県さいたま市の建築事務所

Home Inspection Blog

調査ブログ

ホームインスペクション記録・日記・コラム

ブロック塀の耐震診断は義務になりました。さいたま市では助成有です。

はじめに

「家の外で揺れを感じたら、ブロック塀から離れて頭を守ること」こんな風に、小学生の時に学校で教わって記憶があります。それぐらい、ブロック塀はそこかしこにあり、地震時には危険であることが分かります。ご自宅にブロック塀はありますか?現在さいたま市ではブロック塀の除去と改修を助成しています。対象となる方、お早めに!

●ブロック塀の耐震診断が義務づけられました

01811月、一定の高さ・長さのブロック塀が「建築物の耐震改修の促進に関する法令の一部を改正する政令」が決定されました。ざっくり説明しますと、地震時に被害を及ぼしたり、避難経路をふさぐことになるかもしれないブロック塀は、耐震診断が義務付けられました。

ブロック塀の点検について、埼玉県WEBサイトにて記載があります。

ブロック塀などの安全対策について

また、ブロック塀の撤去や回収において、さいたま市では助成制度を設けています。

助成について:2019年4月1日から受付開始

 

●ブロック塀に代わる塀

ブロック塀をやめた場合、気になることは何でしょう?通りや近隣からの視線でしょうか、不審者の侵入でしょうか?ブロック塀以外にも、気がかりを解消する方法があります。いくつか紹介しますね。

・アルミ製フェンス、塀

・アルミ+木製フェンス

・フェンス+植栽(生垣)

また、それぞれ低いブロック塀との組み合わせることもできますね。

ブロック塀に替わるものを!という世の中のニーズに合わせて、新機能素材で作る塀も登場しています。

●フェンスと植栽で作る塀

それぞれのフェンス、植栽について簡単に説明します。

・アルミ製フェンス、塀

軽量なアルミを用いた塀で、学校などでの採用が増えています。

安全性においては、軽いこと、倒壊しても軽量であるため圧死の危険性が少なくなること、施工性が良く倒壊しにくいことなどが挙げられます。

塀ではなくフェンスタイプを用いると、ルーバーの角度により、採光や風通しなども確保することができます。

プライバシーを守り、音漏れを防ぎたい場合には隙間のない塀タイプを、光や風を取り込みたい場合はフェンスタイプを用いるとよいでしょう。

 

・金属+木製フェンス

支柱をアルミなどの金属製、横板を木製としたフェンスです。施工が比較的簡単なため、短期間で完了します。金属製のフェンスで四方を取り囲まれることに圧迫感を感じる方は、木製にすることでその印象が和らぎ、居心地の良い空間とすることができます。間伐材を利用したものもありますので、環境問題に配慮したい方にもお勧めです。

さらに、横板の間隔を調整すれば、採光や風通しも取り入れることができます。

 

・フェンス+植栽

フェンスという言葉で連想するのは、いわゆる格子状の、子供のころに上ったアレ、でしょうか?もしもその連想したフェンスの場合、それだけをブロック塀の代わりに設置すると、目隠し的にも防犯的にも心もとないですよね。子供が上るくらいですから…

そんな場合、フェンスと植栽の組み合わせはいかがでしょうか?棘のあるつる性の植物を這わせたり、生垣とフェンスを組み合わせる方法もあります。生垣の植物を選ぶ際、葉がギザギザしたものにすると、防犯機能がアップしますね。

今、そこにあるブロック塀は安全か?

実は、ブロック塀の耐震基準は2000年の建築基準法の改正時に追加されました。それ以前においては、ブロック塀に関する記述はありませんでした。そのため、古いブロック塀の場合、支柱が通っているのかどうか、強度が足りているのかどうか、不安な点が多く残されたままです。

私たちが暮らす日本は、地球上のこの位置に存在するために、地震とは切っても切れない関係です。その上で暮らしていることを忘れずに、賢く身を守りながら、住みよく安心して暮らせるよう、工夫を重ねていきたいと思います。

私たちi-sumu設計は、お住まいのリフォームや外装塗装を行っております。ホームインスペクターによる住宅調査や、専門家による耐震診断なども行っております。お悩みやご相談ごとなどもお気軽にお問合せください。

 

お住まいの無料診断もございますので、初めてコンタクトを取ることに不安をお持ちの方はこちらをご利用いただき、選択肢の一つとしてお考えいただければと考えています。

診断のお申込み又はご不明な点、ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

診断お申込み・お問い合わせはこちら

その他のブログはこちら

|
|
|
|
|
|
|
|

診断お申込みはこちら