ホーム > お客様安心コンテンツ > 屋根・外壁の塗り替えリフォームでよくあるトラブル

屋根・外壁の塗り替えリフォームでよくあるトラブル

よくあるトラブル?

はじめてのお客様へ 塗料選びよりも、業者選びが成功のポイントです!

塗り替えリフォームに期待することは、何ですか?

外壁塗装工事は、住まいを美しく保つだけではなく、風雨や紫外線から建物を守るのが目的です。 住まいを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが欠かせませんが、

出来るだけ安く、 出来るだけ長持ちさせたい!

というのが本音ではないでしょうか?

最近は、技術も向上し、耐用年数が20年以上の塗料も登場してきました。 同じ塗料を使うなら、出来るだけ安いところに任せたくなりますが、 そこには落とし穴が潜んでいます。

価格で選んで、後悔される方が少なくありません。

  1. よくあるトラブル1 塗り替えをして、まだ3年も経っていないのに色あせ、色ムラが目立つようになってきた…

    施工不良が主な原因です

    • ペンキ代を誤魔化すために過度に水で薄めてします

      塗料を塗る際には、水を加えて施工性を良くします。塗料メーカーによって、その分量は決められているのですが、ペンキ代を誤魔化すために、必要以上に薄めてしまう悪質な業者もいます。

    • 見た目ではわからないので適当に塗って終わり!

      「3回塗りします!」と契約しておきながら、しっかり塗らない業者もいます。 同じ色で重ね塗りする場合、プロが見ても誤魔化しを見破ることができないぐらい厄介な問題です。

  2. よくあるトラブル2 塗り替えをして、まだ2年経ってないのに、塗装が剥がれてきた… 塗装の下からうっすらと汚れてきた…

    下地処理が不十分であることが主な原因です。

    • さび落とし、下地洗浄が不十分
    • 木部、鉄部、サッシ周りの下地処理が不十分

    サビや汚れが残ったまま塗料を塗っても、しっかりくっつかないので剥がれてしまったり、 コケやカビなどのしつこい汚れが浮き出てきたりします。

  3. よくあるトラブル3 施工後、気になることがあって業者に連絡したけど、なかなか連絡がつかなかったり、対応が遅かったりする…

    アフターサービスを重視しない業者さんが主な原因です。

    LOHAS CLUB サイトイメージ

    施工中や施工後に、ちょっと気になることがあっても、 対応がニブイと不満や不安が溜まっていき、トラブルに発展するケースがあります。 アフターサービスについての考え方や移動距離なども 事前に確認しておきたいポイントです。

    OKUTAでは、LOHAS CLUBにて 充実したアフターサポートを行っています。

    OKUTA LOHAS CLUBとは?

    LOHAS CLUBのホームページはこちら

塗り替えリフォームで後悔しないためにOKUTAからのご提案

施工後、しばらく経ってからトラブルになるのが塗り替えリフォームの特徴です。 どんな高額塗料でも、正しく施工されないと、その機能を発揮しません。 しっかり施工してくれる業者かどうか、厳しい目で見極めてくださいね。

失敗しない塗り替え勉強会

さらに詳しく屋根・外壁の状態を見てみたい!という方は…