ホーム > お客様安心コンテンツ > 塗り替えリフォームの目的

塗り替えリフォームの目的

知っておいたほうがよいこと

建物の傷みは、歯の痛みと一緒! 放置したままでは直ることはありません

塗り替えリフォームの目的

屋根や外壁は、強い紫外線や風雨から住まいを守ってくれています。 いくら高機能の製品や塗料が開発されても、時間が経つとともに徐々に表面が劣化します。

劣化が進むと雨漏りしたり、建物の内部まで傷んだりします。 私たちは、住まいの専門家として、みなさんの快適な生活のために、

屋根・外壁のリフォームは、やりたいかどうかではなく、 「しなければならない工事」だと断言します。

建物は虫歯と一緒で、 傷みがはじまると放置しておいて良くなることはありません。 早めにメンテナンスをしておけば問題無いのですが、 そのまま放置するとどんどん劣化が進み直すのにお金がたくさんかかるようになり、 さらに酷くなると直せない…なんてことにもなりかねません。

まずは、お客様の住まいの外壁の材質をみて、 建物の状態について考えてみましょう。

材質別 塗り替え時期 比較表

  1. 塗装目安7~8年 窯業系サイディングボード

    【特徴】

    石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
    表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などがあります。
    優れた断熱性を持つ一方で、寒冷地では凍害が問題となるケースも。
    最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。

    【よく起こるトラブル】

    ・目地のコーキング割れ・ボードの反り ・チョーキング ・紫外線による褪色 ・爆裂(寒冷地)

  2. 塗装目安8~10年 モルタル壁

    【特徴】

    石膏、セメントを混ぜ合わせて硬化した外壁材です。
    表面上のデザインが豊富で、タイル目、レンガ調などがあります。
    優れた断熱性を持つ一方で、寒冷地では凍害が問題となるケースも。
    最近の住宅で一番多く使われている外壁材です。

    【よく起こるトラブル】

    ・目地のコーキング割れ・ボードの反り ・チョーキング ・紫外線による褪色 ・爆裂(寒冷地)

  3. 塗装目安10~15年 トタン壁

    【特徴】

    金属素材のサイディングボードです。
    金属素材のため、防水性が抜群で耐久性も優れています。
    25~30年以上前に主流の外壁材でした。

    【よく起こるトラブル】

    ・白サビ、赤錆などの腐食 ・風による浮き・退色

  4. 塗装目安10~15年 金属系サイディングボード

    【特徴】

    スチールやアルミニウムなどの金属鋼板です。
    軽くて耐久性も高いので、既存の壁の上に貼り付けられます。
    <断熱効果にも優れており、さびにくいのも特徴です。

    【よく起こるトラブル】

    ・スチール素材:サビ、褪色 ・アルミ素材:傷がつきやすい

  5. 塗装目安10~15年 ALCボード(軽量気泡コンクリート)

    【特徴】

    コンクリートを軽量気泡化した外壁材です。
    断熱性、耐火性、耐久性に優れており、ビルなどによく使われます。
    <塗装が劣化したままですと、防水性が乏しいので内部から
    ボロボロになります。手遅れになると、再塗装ができません。

    【よく起こるトラブル】

    ・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地) ・紫外線による褪色

  6. 塗装目安10~15年 コンクリート壁

    【特徴】

    もっとも強度の強い外壁材です。
    防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み、
    専門的な改修が必要になるケースがあります。

    【よく起こるトラブル】

    ・クラック(ひび割れ)、爆裂(寒冷地) ・内部鉄筋の亀裂、破損

建物の外壁材について分かったら、実際に建物をチェックしてみましょう!

塗り替え時期のセルフチェック

  • 新築時に比べて、外壁が色あせ、くすんでいる

    劣化度

  • 壁に手を擦りつけると白い粉がつく

    劣化度

  • 鉄部にサビがある

    劣化度

  • 壁が反っている

    劣化度

  • 外壁の塗装がはがれている

    劣化度

  • 木部の塗装がはがれている

    劣化度

  • 壁と壁のつなぎ目を指で押して、へこんだままになる

    劣化度

  • 外壁にコケや藻などがついている

    劣化度

  • 外壁がひび割れている

    劣化度

  • かなり色が褪せている(カラーベスト)

    劣化度

  • サビが見える(トタン屋根)

    劣化度

さらに詳しく屋根・外壁の状態を見てみたい!という方は…