ホーム > スタッフブログ > 方波見 哲朗 > 外装工事の塗料は種類で選ばない!?塗料選びのポイントをチェック!①

スタッフブログ

方波見 哲朗 Katabami Tetsuo

外装工事の疑問点や現場での発見、DIYでお家のちょっとしたメンテナンス情報まで、
楽しくためになるブログを目指してます!ぜひご覧ください!
プロフィール → https://goo.gl/A9jKO7

外装工事の塗料は種類で選ばない!?塗料選びのポイントをチェック!①

こんちには。OKUTAの方波見です。

 

最近お客様よりご相談を頂く内容として、

「塗料をどう選んだらいいか分からない」というお声をたくさんいただいております。

 

ウレタン、シリコン、セラミック、いろいろあるけど……

いったいどう選んだらいいか分からない!

 

そのお気持ちはよーく分かります。

なぜなら、塗料には種類がありすぎるから!

 

日本ペイント、関西ペイント、SK化研……様々なメーカーが

それはもうたくさんの塗料を出しています。

 

なので、今回は皆様に「塗料選びのポイント」を、簡単にですが、お伝えしたいと思います!

 

まず基本知識として、塗料には様々な種類があります。

「アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・ムキ」といったものが有名ですね。

一般的には、アクリル塗料が最も耐久年数が短く、ムキ塗料が長持ちだと言われております。

 

アクリル塗料は、工場出荷時に塗られている、一番安い塗料と知られています。

ウレタンやシリコンは今や一般的な塗料ですね。お見積りの標準プランになっていることも多いと思います。

フッ素はとても長持ちする塗料として、大変人気を博しました。

そして、今業界で話題の最新鋭の塗料は、ムキ塗料と言われております。

少し検索すると、このような情報も多く出てきますよね。

 

しかし、ここでポイント!

 

皆様、塗料選びの際、もしかして……

 

「塗料の種類」で選んでいませんか??

 

塗料の種類は確かに多くありますし、グレードに直結します。

しかし、そのグレードは、

アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素<ムキ

ではありません!!

 

アクリルもピンからキリまで。

同様に、ウレタンもシリコンもフッ素もムキも、すべてピンからキリまで様々あるのです。

 

その理由は、塗料の成分。詳しいことは複雑になりすぎるので書きませんが、

塗料の成分は、特別な基準は定められていないものが多く、

シリコン配合が数%でもシリコン塗料ですし、超高配合率でも、名目は同じシリコン塗料です。

 

 つまり、「弊社はシリコン塗料だから安心です!」という言葉は、

何の塗料か分からない限りは、全くアテにならないということなのです。

 

皆様もお見積りを取った際には、「シリコン塗装 XXX円」というお見積りだった場合、

いったいどんな塗料を使うのか、シリコン、フッ素で満足せず、ぜひ商品名や塗料の価格を聞いてみましょう!

塗料の価格はグレードに直結する場合が多いので、より分かりやすいかと思いますよ!

今はオリジナル塗料も増えてしまいましたが……きっと参考になるはずです。

 

まだまだ塗料選びにはポイントがありますので、引き続きお伝えしていきたいと思います!

もちろんご相談は、ぜひとも株式会社OKUTAへお願いいたします!