ホーム > スタッフブログ > 浅野 昭一郎

スタッフブログ

浅野 昭一郎 Asano Shoichiro

浅野昭一郎のブログです。今まで蛇口一個の交換から増改築までとさまざまな工事に関わって来ました。ここで得た経験をもとにより多くのお客様にあったご提案を差し上げ、お客様の生活をサポートして参ります!
プロフィール → https://goo.gl/FJc9ks

1/71 23 >>
  • 大宮区にて屋根外壁塗装工事を行いました③

    こんにちは。診断士の浅野です。

    本日も大宮区にて行った塗装工事の様子をお届けします。

    完工したお家の写真もございます!

    line (52)

    【付帯塗装】

    8-2

    ↑溝の奥までケレンをかけて、塗装面を整えていきます。

    ケレンが終わりましたら、枠や外壁の養生に移ります!

    8-3

    ↑スプレーガンを使って一枚一枚を綺麗に吹き付けていきます。

    周りに飛散しないよう、がっちりと養生で防いでます。

    9-1

    ↑雨樋の裏側から破風の奥まで、

    しっかりと表面の凹凸を整えることで、仕上がりが良くなります。

    9-2

    ↑今回、樋と破風が同じ色なので同時に塗装に入ります。

    一体感が出て、とても良いですね!!

    9-3

    ↑破損してた樋を新しく交換して、塗装しました。

    これで、雨が降っても大丈夫ですね。

    10-1

    ↑普段なかなか掃除が出来ない窓の外側を、足場から綺麗にお掃除です。

    親方、お心遣いありがとうございます。

     

    【玄関まわり塗装】

    10-2

    ↑玄関周りの色を変えて、アクセントをつけました。

    とても良い仕上がりに、お施主様もお喜びでした!

     

    【完工】

    10-3

    職人さんの安全・丁寧な作業により、ついに外装工事完了です!

    二色の使い分けでメリハリがありますね!

    line (52)

    綺麗な仕上がりにお施主様も満足されたようで、

    担当していた私も嬉しかったです。

    本日も暑いですが、お住まいの方の安心、安全のためにも

    お家診断に行って参ります!

     

    屋根外壁診断

  • 大宮区にて屋根外壁塗装工事を行いました②

    こんにちは。診断士の浅野です。

    本日も引き続き大宮区の工事の様子をお伝えしていきます。

    line (58)

    【屋根工事】

    5-1

    ↑汚れ・古い塗膜などを除去していきます。

    表面の凹凸を落とすことで、仕上がりが滑らかになります。

    5-2

    ↑場所により吸い込みに差が出る為、確認を行い作業を進めます。

    屋根作業ですので、足元に気を付けて下さい!

    5-3

    ↑タスペーサーを設置します。

    スレート瓦とスレート瓦の間に隙間を作り、

    浸入した水の逃げ道を確保する役割があります。

    6-1

    ↑乾燥時間を十分にとりまして、中塗り→上塗りと作業を進めます。

    艶が蘇って綺麗ですね!

    【付帯部塗装】

    6-2

    ↑ほこりや細かい凹凸を落としてから、

    隙間や釘穴をコークボンドで埋めていきます。

    少しの手間が、仕上がりを左右します。

    6-3

    ↑二回塗りを行うことで、しっかり塗膜厚つを確保することが出来ます!

    壁際、破風際は刷毛で丁寧に仕上げていきます。

     

    【外壁塗装】

    7-1

    外壁の隙間が大きい箇所も、処理を行い塗装に備えます。

    しっかりと塗り込んで壁に密着させます。

    7-2

    ↑外壁塗装の開始です。外壁に合わせてシーラーを塗っていきます。

    ここでも、吸い込みムラが無いように、確実に塗っていきます。

    7-3

    ↑縦・横へとローラーを転がして、しっかりと塗っていきます。

    また、狭いところは刷毛で塗り込んでいきます。

    8-1

    ↑塗り重ねることで艶が増して、とても綺麗です。

    仕上がりが楽しみですね!

    line (58)

    明日は完成までお見せします!

    お楽しみに!

    屋根外壁診断

  • 大宮区にて屋根外壁塗装工事を行いました①

    こんにちは。診断士の浅野です。

    大宮区での屋根外壁塗装工事が完了しました。

    工事の様子をご覧ください。

    line_dottape03_01

    【施工前】

    1-1

    ↑紫外線により表面の塗膜が薄れて、防水性が低下しています。

    また、不要となりましたアンテナも、今回撤去します。

    1-2

    ↑外壁の目地のコーキングにひび割れが発生しています。

    さらに、劣化箇所より外壁材に水が浸入することで、材の痛みが早まります。

    1-3

    ↑雨樋の一部が破損しています。

    こちらは今回新しく取り付けます!

     

    【足場設置】

    2-1

    ↑本日より工事スタートです!

    息の合った作業で、どんどん組みあがっていきます。

    安全第一で、お願いします!

    2-2

    ↑どんより曇り空もスッキリ青空に!

    これからの工事を応援しているようですね。

    シートも張り終えて、足場完成です!

    鳶さん、お疲れさまです!!

     

    【職人さん】

    2-3

    ↑塗装を担当して頂く、高橋さんです。

    元気で明るく、そして真面目で丁寧な職人さんです!

    よろしくお願いします!

     

    【高圧洗浄】

    3-1

    ↑アンテナ撤去が済み、高圧洗浄を始めます。

    長年の汚れや苔も一瞬で洗い落としていきます!

    3-2

    ↑外壁の模様や溝に入り込んだ汚れや苔、

    退色した塗料や剥がれた塗膜をしっかりと洗浄します。

     

    【養生】

    3-3

    ↑窓や扉など、今回塗装を施さない箇所を丁寧に養生していきます。

     

    【コーキング処理】

    4-1

    ↑痛んだコーキングを取り除き、さらに目地付近の外壁クラックも一緒に施工します。

    密着度を上げる為に、プライマーを塗ります。

    4-2

    ↑出し過ぎず、少な過ぎず、

    均一に量を調整しながら充填していきます。

    4-3

    ヘラで均し整えてます。ここでも力加減が大変なんです!

    指先への集中力が伝わって来るようです。

     

    line_dottape03_01

    明日は塗装の様子をお伝えします。

    屋根外壁診断

     

     

  • 遮熱塗装で暑い夏を快適に

    屋根の塗装が完了しました!

    圧縮済み

     

     

     

     

     

     

     

     

    専用の遮熱塗料を使わずとも、色を工夫して選択していく事で、

    よりお得に、コストパフォーマンスの良い工事が可能です。

    最近ではグレー系の色で施工される方が増えております。

     

    これから迎える夏に備えて、遮熱塗装のお問い合わせを多くいただいております。

     

    今年の夏も猛暑が予想されます!暑いお部屋でお困りの方は一度ご相談ください。

     

    001

     

    外壁塗装や屋根塗装ならOKUTAの外装へお任せ下さい!

    001

     

     

     

     

     

     

     

  • 外塀補修。古くなってしまった大谷石をモルタルで補修しました。

    今回は、外塀の部分補修をしたお話をします。

    屋根外壁塗装をさせて頂きましたお客様宅の外塀ですが大谷石が使用されています。
    経年劣化で、一番下の段の表層面が剥離しおり、お客様としては気にしている部分でした。

    あくまで表層面という破損でしたので部分的にモルタルで補修をしたケースになります。

    大谷石とは違う仕上がりにはなりますが、基礎みたいなスッキリとした感じに仕上がりました!

    お家でお困りの方、是非ご相談ください。

    【施工前】

    IMG_0914

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【表層面の一皮むき】

    P1010768

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【モルタル仕上げ】

    P1010836

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    キャプチャ

  • 棟板金の釘抜け注意!10年を超えたお家に多く確認出来ます。

    今回は、屋根瓦の棟板金についてお話します。

     

    スレート瓦の家の場合、棟には棟板金という金属の瓦部材が使用されています。

    この棟板金を固定する際には、側面よりクギで固定がされています。

     

    ここ最近強風など発生す日も何となく増え、築年数が10年を超える家の場合このクギが抜け出してくるケースが多く見受けられます。

    ひどいケースでは、抜け落ちてしまっていることもあり、この状況下で強風がさらに吹いた場合板金が剥がれたり、

    板金材が落下し通行人などのケガに繋がることも考えられます。発見が早い場合、クギをネジなどに変更して剥がれ防止など手が打てます。

     

    屋根の上の出来事は、普段目にするところではありませんので、定期的な診断や調査などをお勧めします。

    【ネジに打込み】

    DSC_2010

     

     

     

     

     

     

     

    【ネジに交換】

    DSC_2011

     

     

     

     

     

     

     

    【ネジに交換完了】

    DSC_2012

     

     

     

     

     

     

     

     

    キャプチャ

  • 屋根点検で驚きの結果!?動物の侵入が、屋根に上ったことで確認出来ました

    こんにちは。診断士の浅野です。

    本日は、飛び込み業者の他社様でお見積もりを取られたご依頼主様から、

    内容にまだ不安があるとのご相談を頂き、私どもで屋根点検を行わせていただきました。

     

    私たちは正確な点検のため、可能な限り屋根に上らせて頂いております。

    実際に上ったところ、他社様がご指摘したような経年劣化は確かに確認できました。

     

    そして点検を続けていくと……

    s-IMG_4304

    ! 動物のフン!しかも新しいです。ペットのネコちゃんが屋根に上っているのでしょうか……

    s-IMG_4345

    !! 動物の足跡!それも何度も訪れているようです。

    恐る恐る上を見ると……

    s-IMG_4346

    軒天に穴を発見!!

    丁度小動物が通れるくらいの穴が開き、小屋裏へと続いてしまっております。

     

    ご依頼主様もこれには大変驚かれたようです。

    他社様からは全くご指摘がなかったとも仰っていました。

     

    というのも、この軒天の裏は、実際に上って覗きこまなければ見えない部分でした。

    遠目に見たり、写真で判断しただけでは分からないことも多くあるのです。

     

    そして屋根に小動物(ネコ、タヌキ、ハクビシンなど)が入ってしまうと、

    小屋裏でフンや尿を繰り返してしまい、天井の染みや環境の悪化にも繋がります。

    今回のケースは、そういった動物たちが外から軒天を壊して、入口を作ってしまった可能性もあります。

     

    ご依頼主様には、まずは小屋裏の確認を提案し、

    そのまま住宅調査で安全確認も行わせて頂く運びとなりました。

     

     

    お家の状態を正しく知ってこそ、正しい修繕でお家を長持ちさせることが出来ます。

    お家の点検は住宅の専門家にお任せください。屋根の状態、外壁の状態、床下天井裏など、

    正しい知識と正しい判断で、今の現状をお伝えさせていただきます。

     

    皆様も、症状が出る前の健康診断がお勧めです。ぜひお声を掛けてください。

    どうぞよろしくお願い致します。

    talk
  • 窓は外壁に変更出来ます!外壁塗装と併せてサイディング補修を致しました。

    こんにちは。

    今回は前回お伝えした、窓を外壁に変更する、外装工事です。

    外壁に窓を作りたい!窓を外壁にしたい!という方は、ぜひ参考にしてください。

    前回お伝えしたのは下地処理まででしたが、実際に外壁が完成いたしました。

    s-IMG_3793サイディングの種類によっては、既に生産中止となっているものも多くあります。

    今回は隣地境界に近い北面ということもあり、柄よりも色味を揃えて施工いたしました。

     

    サッシは外部から取り付けられているため、外壁を壊して外して

    サイディングボードを取り付け、シールで防水処理を施しています。

    窓は内装側も関わってくる部分ですので、下地とクロス補修も必要となります。

     

    5843
    一面補修中の写真です。

     

    リフォームでは、今回のようなご提案も可能となります。

    ずっと使わず、雨戸・シャッターを年中閉めている窓はございませんか?

    防音性、断熱性を高めたい方は、思い切って窓を外壁にしてしまうという選択肢もありです。

     

    窓が外壁になりますので、もちろん防犯性能も向上します。

    耐震補強工事などで窓を減らす必要が出てくる方も、まずは私たちにご相談ください。

     

    外装工事でまとめて行えば、もちろんお得にご案内できますし、

    同時にメンテナンスが必要な部分も併せて修繕可能です。

     

    まずはお気軽にご相談ください。サイディング、モルタル、共に診断を行い、

    対応的確なアドバイスを差し上げられればと思います。

    ぜひ、お待ちしております。

    talk

     

  • サッシ撤去とサイディング補修。外壁塗装と同時施工でお得に施工出来ました。

    OKUTAの外装、診断士の浅野です。

     

    本日は、既存サッシを撤去する工事を行いました。

    s-s-IMG_2197

    今回は、外壁塗装工事がメインなのですが、
    サイディング補修が伴うサッシ撤去工事も合わせて行うことになった現場です。

     

    理由としては、お施主様は室内に家具や大型TVなどを配置をしていたのですが、

     

    シャッターも開けることもないため、遮熱・断熱も考えて、窓を撤去して外壁にしたいというご希望で行いました。

     

    本日は、既存サッシを外して外壁(サイディング)を貼る下地をまでの工事になります。

     

    15903

     

    下地の施工が完了です! この工事は足場があったため、外からの施工で対応可能でした。

     

    次回はサッシの施工後をお見せできると思います。

     

    こうした工事も、足場を立てた外壁塗装時に合わせて行うことで、必要経費を圧縮してご案内が出来ます。

     

    塗装専門でありながら、一級建築士事務所だからこそ出来る工事も多くあります。

     

    line_dot02_14
    ご相談はお気軽にOKUTAの外装まで。お待ちしております。

    こういう工事は外壁に関係するのかな?といった、ちょっとしたご相談だけでも大歓迎です!

     

    talk
  • 屋根の棟板金のクギ抜けをご紹介します。

    本日は、屋根の棟板金のクギ抜けをご紹介します。

    スレート瓦の棟などには板金の棟が多く使用されています。

    固定方法としては側面よりクギで止められているのですが、強風や温度変化により金属が伸縮することでクギ抜けを起こすことがあります。

    クギが抜けた状態で放置され続けることで棟板金が剥がれる恐れがありますので定期的なチェックが必要です。

    この現場は、これから塗装を行う重要な前処理の1シーンです。

     

    【クギ抜け(手で抜けました)】

    20160123浅野ブログ写真 (1)20160123浅野ブログ写真 (2)

     

     

     

     

     

     

     

    【ネジに打ち替え、完成】

    20160123浅野ブログ写真 (3)20160123浅野ブログ写真 (4)

     

     

     

     

     

     

     

     

    line (12)

     

     

    外壁塗装や屋根塗装ならOKUTAの外装へお任せ下さい!

     

     

  • 小屋裏にある金物のボルトについてのお話。

    本日は、小屋裏にある金物のボルトについてお話をします。

    お家が新築時から10年ぐらいが経つと木材の乾燥が進むことや地震などで家がゆすられることも重なり、柱と梁などの接合部に使用されているボルトが緩むことがあります。

    工事の際、天井を開けたりする機会があった場合、是非、増し締めなどすることをお勧めします。このような小さなことが大切だったりします!

    【天井を落として小屋裏が露出】

    20151206浅野ブログ (1)

     

     

     

     

     

    【梁の中央にボルトが見えます】

    20151206浅野ブログ(2)

     

     

     

     

     

     

    【ナットをインパクトドライバーを使い増し締め】

    20151206浅野ブログ(3)

     

     

     

     

     

     

     

     

    line (43)

     

    外壁塗装や屋根塗装ならOKUTAの外装へお任せ下さい。

    line (43)

     

  • 練馬区で玄関ドアの交換工事

    本日は、玄関ドア交換の現場です。

    お家が新築当初から付けられていた玄関ドア。家が自営業ということもありご自宅兼会社で事務所風の扉となっておりました。しかし、扉も古く防犯性が低いことよりこの度、交換することになりました。

    玄関ドアは、LIXILのリフォーム専用ドア「リシェント」です。既存のドアフレームを残しカバー工法で仕上げるため、費用や工期短縮が可能になりました。

    是非、玄関ドア交換をご検討の方はご相談ください!

     

    【既存玄関ドア】20151222(1)

     

    【交換後の玄関ドア】20151222(2)

     

     

    外壁塗装や屋根塗装、もちろん玄関ドアの交換もOKUTAの外装にお任せください!

     

  • 塗装工事の進行現場でちょっとした工夫のお話。

    本日は、塗装工事の進行現場でちょっとした工夫のお話をします。

    2Fバルコニー屋根の上部で施工が厳しい条件の箇所がありました。また、その場所はお客様が毎日お洗濯物を干す2Fバルコニー部分です。

     単純な話であれば、バルコニー屋根を外して足場を立ててしまえば簡単なことですが、そこで生活をしているお客様にとっては大変な問題です。

     バルコニー屋根のサイズや勾配などの条件もありますが、今回はバルコニー内に木材で方立補強を造り、屋根面には傷のつかないクッション材とべニアを敷きました。簡易的なものですがこうゆう小さなことが意外と大事だったりするものです。

    【バルコニー内の方立】

    20151122浅野ブログ (1)

     

     

     

     

     

     

     

    【クッション材とべニアを乗せた状況】

    20151122浅野ブログ (2)

     

     

     

     

     

     

  • 養生節約の方法をこっそりお教えします!!

    本日は、屋根工事の際の養生の節約方法をお教えします。

    通常、屋根工事の飛散防止には足場を立ててメッシュシートを張るのが一般的です。

    しかし、部分的な工事や工期が短い時などは工事費用がもったいない場合があります。

     

    そんな時、簡易的なフェンスはできないであろうか?と考えました。

    工事現場の状況にもよりますが、こちらは写真のような方法を取ることができました!

    物は、至って簡単な垂木で軸組みをしてブルーシートを張ったものです。

     

    工事期間も短く、お客様も工事費用を抑えたいという時の奥の手です。

    言われれば、簡単なことですが工事経験があるからこその発想です。

     

    【1F屋根の補修工事】

    20151122浅野ブログ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    OKUTAの外装事業部では皆様の屋根外壁の診断を外壁屋根ドクターが無料で実施しています。

    6fa8efbe66ba6384f05c6ac50d3685c7-400x189

  • 鳥の巣に注意!!外壁屋根点検では屋根や雨樋に鳥の巣を発見することが多々あります

    こんにちは!本日は先輩方のスペースをお借りして、

    アシスタントの方波見がブログを更新させていただきます!

    方波見さん私たちが日々行っている外壁屋根点検では、屋根や雨樋に鳥の巣を発見することが多々あります。

    ご依頼主様によっては、全く気付いていなかったという方も、

    なんとなく気づいていたけど、別に何も起きていなかったので……という方もいらっしゃいます。

    b_illust_49_0M

     

     

    しかし、お家に鳥の巣があると、雨樋が巣でオーバーフローしてしまったり、

    フンの被害が増加したり、場合によっては天井裏に住み着いて、

    更なる被害を生む可能性もあるのです……!

    かわいい小鳥には癒されますが、お家に居ついてしまった場合には要注意

     もしかして鳥がいるのかな?と、疑問に思った場合には、すぐに確認されることをオススメ致します!

     ……とは言っても、何の備えもないまま屋根に上ることは非常に危険です。

    皆様の安全のため、くれぐれも無理はなさらないでください!

    それでも鳥は気になるし、せっかくなら他の状態も確認したい!誰かにしてほしい!

    b_illust_49_0M

     

     

    そんな時はぜひ、私たちの外壁屋根診断をご利用ください

    専門の診断士が、実際に屋根に上り、ビデオを使って点検させて頂きます!

    屋根や外壁のメンテナンスは、無闇に費用をかけるのではなく、最小限で効果的に修繕したいものです。

    そのためにも、診断士による屋根外壁点検で、お家のために本当に必要なことを知るきっかけにしてください!

     

    屋根外壁診断

1/71 23 >>